ハワイ旅行の必需品“ESTA”の取得を忘れずに!


ハワイに旅行が決まって、さあ避けては通れないのが”ESTA”
恐れるなかれ。
そんなに大変なものではありません。
ここでどんなものなのか、どうしたら良いのかをご紹介いたします!

ESTA

9.11のテロのあとオバマさんが安全対策のために決めた、アメリカに渡航する際には必ず必要になる渡航認証システム。
アメリカ合衆国(ハワイ含む)に入国する時には全員必ず必要です。

ESTAはどうやって申請するの?お金はかかるの?

パソコンから公式ホームページで申請。
言語を選べるので日本語で書かれている通り書式を埋めていくだけ。
とっても簡単!
名前、パスポート情報、生年月日、簡単なアンケートなどを入力。

一人分ずつ14ドルの費用がかかります。
お支払いはクレッジトカードかデビットカードのみなので、あらかじめ手元にカードを用意してから入力に取り掛かりましょう。

自分で取るのはちょっと不安・取得代行サービスはないの?

最初に英文でかかれたホームページを見ると不安になったり、クレジットカード番号を入力するので偽のホームページだったらどうしようなど自分で取得するのが不安な方もいるでしょう。
ツアーなどで旅行会社が代行してくれる場合は5000円ほどかかります。
でも落ち着いて10分もあればできるので、ご自身で行うことをオススメします。
グループを作って家族や同行者の分を誰かが代表として、自宅のパソコンやスマホで入力することもできますよ。

ギリギリだとやばいかも!ESTA取得にも期限があるの⁉︎

承認されるまで時間がかかることもあるので余裕を持って行う方が良いです。
有効期限は承認された日から丸2年間です。
期限が迫ると登録したメールに英文で連絡がきます。
有効期限以内であってもパスポートを更新した場合などはESTAも取り直す必要があるので注意が必要です。

まとめ

ESTAは全員必須、10分の登録作業、14ドルの費用、有効期間は2年間。
これだけ覚えておけば万全です。
承認が下りたのをネット上で確認したら、渡航の時に持って行ったり提示する必要は特にありません。
あとはハワイ旅行を楽しむだけ!