ハワイで子供が熱を出した時の日本語OKの病院は?


ハワイに来た途端にお子さんが熱を出してしまう。
そんなことってありますよね。『昨日まで元気だったのにー!まさかこのタイミングで!?』でもそんな時はお子さんのためにも冷静に判断することが大切です。

ハワイで子供が熱を出した時の日本語OKの病院は?

という不安をここで解消します。

値段はどのくらい?

結論から言いますと
海外旅行保険加入して風邪の診断→200ドル前後(薬含む)
このくらいかかります。
基本的にどんなに安くても150ドルはかかります。
ハワイ、つまりアメリカは保険に入っていないと医療費がとても高い国です。怪我や重い感染症などで入院した場合は100万円などという場合も平気であります。なので旅行の際は必ず入っておくことをおすすめします。
もしくはご自身である程度の薬を持っていきましょう。→どんな薬を持っていくといいか後ほどご紹介します。

薬は?

日本では30年ほど前から病院→診察、薬局→処方という医薬分業が主 ですが、海外(ハワイを含む)では基本的に薬は病院で処方してもらえます

予約は?

予約はなるべくして言った方が良いです。もし混んでいたりすると待ち時間が長かったり、中には送迎サービスのある病院もあります。

持ち物は?

パスポートとクレジットカードは必須です。

病院代は高いのでクレジットカードが基本使えます!
もしあれば海外旅行保険の保険証書があるといいでしょう。

 

病院はどこがいい?と悩んでしましますよね。

ここでは各病院を紹介します

 

日本語が通じる病院&海外旅行保険適用病院

 

1)三枝二郎クリニック

 

「ここが子どものかかりつけ!」とハワイ在住のママの多くが利用している三枝二郎クリニック。

医師は三枝二郎氏。

優しい日本人医師のもと安心して診察してもらえます。

病院の行き方と場所:アラモアナセンターの隣のアラモアナビルの19階にあります
送迎の可否:ワイキキ内送迎サービス
住所:1441 Kapiolani Blvd #1904

1441 Kapiolani Blvd, Honolulu, HI 96814 アメリカ合衆国
電話:808-946-0990
開業時間:月火木金 AM8:30分-PM4:00 水曜 AM9:30-PM12:00、土曜 AM8:30-PM12:00
休診日:日曜日、祝日
地図:

2)聖ルカクリニック

ハワイで暮らしている日本人のための病院です。複数名の医師が在籍しており日本人観光客もたくさん来院しています。

アラモアナショッピングセンターの隣のアラモアナビルです。

 

病院の行き方と場所:アラモアナショッピングセンター隣 アラモアナビル最上階
送迎の可否:なし
住所:1441 Kapiolani Blvd., Suite1903, Honolulu, HI 96814
電話:(808)945-3719
開業時間:月-金AM8:30-PM12:00/PM1:00-PM4:00 土AM8:30-PM12:00

休診日:日曜日

WEBサイト:聖ルカクリニック

地図:

 

3)ワイキキメディカルクリニック

写真:木梨目線
医師はクリス  葉氏。

千葉大学医学部卒業の台湾出身の医師によるクリニック。日本語も対応しています。

 

病院の行き方と場所:Tギャラリア6階の603号室
送迎の可否:送迎可/ワイキキ内無料タクシー送迎サービス/

ワイキキ内24時間往診サービス

住所:2222 Kalakaua Ave.Ste.603
診療時間:月~金曜 AM8:00-PM5:00、土曜 AM8:00-PM12:00
休診日:祝日、日曜
電話番号:808-921-0330(日本語)
診療科目:総合

WEBサイト:ワイキキメディカルクリニック

地図:

 

4)ケンヘルスケアハワイクリニック

カラカウア通りのワイキキショッピングプラザにあります。

2016年に新規開業されたクリニックで、東京に本院があります。

 

病院の行き方と場所:ワイキキショッピングプラザ4階
送迎の可否:ワイキキ内送迎サービス

住所:2250 Kalakaua Avenue,Waikiki Shopping Plaza Suite 407
診療時間:月-金曜 AM8:00-PM5:00時、土曜 AM8:00-PM12:00
休診日:祝日、日曜
電話番号:808-367-0513​
診療科目:内科、小児科、皮膚科、外科、耳鼻科、婦人科

 

5)ドクター・オン・コール ストラウブメディカルクリニック

緊急の時はここがおすすめです!
夜も診てくれるのも安心ポイントです。

ドクターオンコールは、ワイキキを中心に実はあと数カ所クリニックがありますが、この2つ以外は日本の海外旅行保険が適用されなかったり、英語しか通じないというところもあります。

なので、シェラトンワイキキかヒルトンハワイアンヴィレッジに行きましょう!

シェラトンワイキキ

 

送迎の可否:あり

住所:2255 Kalakaua Ave.シェラトン・ワイキキホテル マノア・ウィング地下1階
診療時間:年中無休 AM7:00-PM11:00
電話番号:808-971-6000(日本語専用 808-923-9966)
診療科目:総合

WEBサイト:ドクター・オン・コール ストラウブメディカルクリニック院

地図:

 

ヒルトンハワイアンビレッジ

送迎の可否:あり

住所:2005 Kalia Rd.レインボーバザール2階
診療時間:月-金 AM8:00-PM4:30

休診日:土曜、日曜
電話番号:808-973-5250
診療科目:総合

WEBサイト:ドクター・オン・コール ストラウブメディカルクリニックヒルトンハワイアンビレッジ院

地図:

 

 

6)ワイキキ緊急医療クリニック 堀医院(アージェント・ケア・クリニック オブ ワイキキ)

緊急の時はここです!夜も診てもらえるところも安心です!

日本人医師に看護師が常駐しているのがポイント。旅先で体調が悪くなっただけでも不安ですが、きめ細やかなケアに定評のある病院です。待合時間も割と短いのもありがたいですね!クリニック内の医療機器も新鋭のものを完備しています。

 

病院の行き方と場所:Tギャラリア近くのバンクオブハワイビル308号室
送迎の可否:ワイキキから無料タクシーサービス

住所:2155 Kalakaua Ave,Honolulu
診療時間:月-金 AM8:30-PM6:30  土日祝 AM8:30-PM5:00
電話番号:808-924-3399
診療科目:外科・内科・小児科など総合
WEBサイト:ワイキキ緊急医療クリニック

地図:

 

7)月川クリニック

経験豊富で信頼の出来る家庭医として、日本人女性医師と、日本語スタッフが常勤しています!

 

病院の行き方と場所:アラモアナビルディング 17階 1730号室
送迎の可否:なし

住所:Ala Moana Building.,17th Flr 1441 Kapiolani Blvd#1730, Honolulu, HI 96814
アクセス:アラモアナショッピングセンター隣 アラモアナビル17階1730号室
電話:(808)941-7770
診療時間:月、火、木、金AM8:30-PM5:00 水土AM8:30-PM12:00

WEBサイト:月川クリニック

地図:

 

 

8)上野メディカルクリニック(HAWAII UENO MEDICAL CLINIC)

 
日本語が通じる病院ですし、外科と内科の他に、小児科もあるので子供連れのファミリーにも安心です。
病院の行き方と場所:イリカイホテル1階
住所:1777 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96815
アクセス:イリカイ・ホテル1階
電話:(808)926-9911
診療時間:月-金AM8:00-PM8:00 土日・祝日AM8:00-PM1:30

地図:

 

9)ドクターズオブワイキキ

英語、日本語、中国語、韓国語、スラブ語という5カ国の言語に対応しており常時日本語対応可能で、緊急対応も備えています。

病院の行き方と場所:プリンセスカイウラニホテル1階
送迎の可否:無料送迎サービス
住所:120 Kaʻiulani Ave. Ka’iulani Wing 10 & 11 Honolulu, HI 96815, USA
診療時間:年中無休AM8:00-AM12:00
電話番号:(808)922-2112
診療科目:緊急外来、小児科、鍼治療
WEBサイト:ドクターズオブワイキキ

地図:

海外保険の加入はおすすめ

海外旅行保険とは、海外へ旅行する際に起きるトラブルに備えるための保険です。
予想ができない問題が発生する恐れがある海外旅行を安心して楽しむためにも、リスクに備えて海外旅行保険に入っていくと、安心ですね。

おすすめの保険を3つ紹介します。

 

1)エポスカード

Visa付きのエポスカードなら海外旅行傷害保険が自動付帯。旅先でのケガやさまざまなトラブルを
強力ガード!ご出発前のお届けやお手続きは一切不要なので楽ですね。治療を受けるために、実際に支出した金額(治療費、入院費、薬剤費など)に対して最高270万円まで保険金が出ます。

2)楽天カード

海外旅行傷害保険で、安心の保険サービスが受けられます。ただし、海外旅行傷害保険の付帯はカードの種類によって異なります。家族カード会員の方にも、本会員の方同様の補償が受けられます。

 

3)MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード

海外旅行中のケガや病気の治療費から、カメラなどの携行品の破損・盗難、ホテルの設備を壊してしまったときなどの賠償責任まで幅広く補償します。ご出発前の手続きも不要です。補償額は最高1億円です。

 

まとめ

海外保険には、何があるかわからないので入っておきましょう!安心も変えると思えば安いですよね。

また、市販薬なども持っていけば、なお安心ですね!

終わりのあとがき

旅行中に病気になってしまう…。とても不安になりますよね。でもハワイなら安心!日本語が通じる病院や、日本人医師の在中する病院がたくさんあります!

少しでも安心材料となってくれることを願います!