知ってるあなたはハワイ通⁉︎ オアフ産コーヒーがブームの予感!


ハワイのお土産といえばコーヒーが有名ですね。
またハワイのコーヒーといえば、ハワイ島のコナコーヒーしかないと思う方も多いでしょう。
コナコーヒーはブルーマウンテン・キリマンジャロと並ぶ世界3大コーヒーの一つです。
ただハワイのコーヒーはコナコーヒーだけではありません。
オアフ島産のワイアルアコーヒーをご存知ですか?
ハワイ通のお土産はオアフ島産のワイアルアコーヒーがオススメです。

グリーン・ワールド・コーヒーファーム/Green World Coffee Farm

オアフ島のノースショアにあるワイアルアにあるコーヒー農園。
新鮮なワイアルアコーヒーを味わう事ができるのはもちろんですが、お土産にコーヒー豆を購入する事ができ、なんと農園の中にはコーヒーの木もあります。

 

中ではゆったりとコーヒーを味わう事ができるおしゃれなカフェも。
コーヒーの木や農園を見た後なので、より格別なコーヒーを味わう事ができるのでないでしょうか。

コーヒー豆や、ロゴが入ったバッグなど関連のお土産を購入する事もできます。

お店の中には、世界中のコーヒーに関するものが揃っています。
コーヒー好きには、ありがたい空間ですね。

コナコーヒーとワイアルアコーヒー(オアフ島産コーヒー)の違いはどんなところ?

それではコナコーヒーとワイアルアコーヒーはどこが違うのでしょう。

コナコーヒーはコクが強くて酸味があるのに対して、ワイアルアコーヒーはクセがないので飲みやすいのが特徴です。

コナコーヒー、それは世界三大コーヒーのひとつとして有名です。
ハワイ島のコナな南国特有の日照時間、また降水量、他にも昼夜の寒暖の差などコーヒーができる環境が整っています。
コナコーヒーは酸味があるのが特徴で、さらに苦みやコクがあるコーヒーです。
純粋なコナコーヒーはほとんどなく、他の豆とブレンドした物がほとんどです。
それだけ希少価値のあるコーヒーといえます。

対してオアフ島産のワイアルアコーヒーはどうでしょう。

オアフにはサトウキビやパイナップル畑が多いのですが、それらはコーヒーよりもさらに多くの養分を必要とする為、コーヒーを育てるのはもってこいの場所なのです。
養分が多い所で育つコーヒーは良質なコーヒー豆になります。
苦みが少なく、甘みが多いのが特徴です。
また「グリーン・ワールド・コーヒーファーム」の一番の特徴は焙煎方法です。
コーヒー豆をキャラメル化していきます。

酸味がありコクが強いコナコーヒーに対して、クセが少なく甘みのあるワイアルアコーヒーと言えます。

グリーン・ワールド・コーヒーファームへのアクセス

グリーン・ワールド・コーヒーファームはワイキキからノースショアに行く途中にあります。
ノースショアに行く際に是非コーヒー農園で新鮮なコーヒーを味わってみてはいかがでしょうか。

Green World Coffee Farm
71-101 N Kamehameha Hwy Wahiawa, HI 96786
808-622-2326
月~金 6am-6pm
土、日 7am-7pm

まとめ

ハワイには世界三大コーヒーの他に、オアフ島産のワイアルアコーヒーもあります。
酸味があり濃厚なコナコーヒーと比べて、甘みがありくせが少なくて飲みやすいワイアルアコーヒーを、是非コーヒー農園でご堪能してみてはいかがでしょうか。
ハワイ通のあの方へ、お土産にも喜ばれますよ。