冬のハワイの服装は?おしゃれなハワイ旅行にしよう!


日本を抜け出して南国ハワイへ到着!非日常を思いっきり楽しみましょう!まずは服装から。
でもどんな服装が正解?ハワイの気温は?ドレスコードは?
TPOに合わせたハワイでのおしゃれな服装についてまとめます。

ハワイではどんな服装で過ごせばいいのか

日中と夜、それぞれのおすすめの服装は?
ワイキキってどんな雰囲気なの?浮いちゃう服装はあるの?

気をつけたいこと

朝晩の気温差や冷房対策。ドレスコード。治安。

おすすめの服装

男性編

やっぱり海が目の前に広がるハワイでは、シンプルにTシャツにハーフパンツが似合いますね。ただ日中はそれで良いけれど、朝晩は少し肌寒く、ショップの中は冷房がよく効いているので注意が必要。
羽織物として着まわしがきくのはデニムのダンガリーシャツ。シワになりにくくボトムと合わせやすいですよね。

 

また、ちゃんとしたレストランにはドレスコードがあるところも。

例えば人気のミッシェルズやROY’S、一流ホテルの中のレストランなどはドレスコードがあります。
どこまで厳しい高級店に行く予定かにもよりますが、ネクタイはいらないので、襟のついたシャツ、フルレングスのチノパン、靴下、綺麗なスニーカーや革靴など必要に応じて備えあれば間違いないです。

 

アロハシャツは正装扱いなので、リゾート気分も出るし涼しいしオススメです。そこら中にあるコンビニABCストアでもかわいいアロハシャツが30ドルほどで売っていますよ。

アロハシャツを羽織りに着るのもおしゃれな感じになりますよ。

 

 

女性編

ハワイに到着した瞬間からリゾートらしい服装で思いっきり解放感を味わいたいのが乙女心!
それにハワイだからこそ、日本では照れてできないトレンドを目一杯盛り込んだファッションをしてみるのも楽しいですよ。
現地調達もオススメ。カラフルなマキシワンピのコーデは街中でたくさん見かけます。

日本人っぽくない、海外っぽさを出したおしゃれなコーディネートならオフショルダーのトップスにデニムのショートパンツ。

そこにサッシュベルトでウエストマークしたら印象がガラリと変わって良いですよね。


写真をたくさん撮りたい女子にとって、アイテムの着まわし度は重要ですよね。他にも2wayのものやセットアップは荷物は最小限に、着まわしは最大限にできます。
靴は歩き回ることが多いので歩きやすいスニーカーかフラットシューズが一足は必要。ビーサンは意外と足を疲れさせます。それにビーサンはドレスコーデにも引っかかります。

 

高級レストランではヒールや綺麗めな靴、そしてこのようなドレッシーな服装もとても素敵ですよね。

ハワイは世界有数のリゾートなだけあり美味しいご飯だけでなく高級レストランではお客さんのお洒落にも目を配ると楽しいですよ。

他にも露出が高すぎる服やデニムは高級レストランにはやめましょう。

ハワイ・ワイキキ周辺のおすすめの服装

昼間編

ワイキキと言えばハワイのど真ん中。都会です。

高級ブランドショップもあれば、一流ホテルも建ち並びます。

でもワイキキビーチがダイヤモンドヘッドまでずっと続いている立地から、水着姿で横断歩道を渡る人だっています。

 

メインストリートをひたすらジョギングしている人も。
服装は、カジュアルからエレガントまで自分の行動範囲次第で様々です。

なんといってもショッピングやグルメの宝庫なので、屋内の冷房対策に羽織物を一枚持っていましょう。
日中は暑くて日差しも強いですが、日傘をさしているのはたいてい日本人。せっかくだから日傘を手離して帽子やサングラスなどの小物で日焼け対策をした方がスマートですね。
ちなみにサングラスはスクエアタイプが一番無難ですが、四角い顔の人は丸いものを、丸顔の人は四角いものを選ぶと似合うと言われています。

 

今はUVケアのカーデなどがファストファッションで手に入るので一枚あると便利ですね。
肩や首の後ろ、頭皮の日焼けに気をつけて。

夕方〜夜間編

じりじり灼きつけていた太陽が沈むと、乾いた風が一気に涼しく感じます。気温差対策にパーカー、カーディガンなどの羽織物を一枚持っていると安心です。もちろん昼間にUV対策用だったものを引き続き使用するのが良いですね。

治安が良くない場所もあるので、露出度の高い服装での女性のみの街歩きは、夜間は避けましょう。

ハワイに服を何着持って行くべきか

旅行前、スーツケースにパッキングする作業、あなたは好きですか?

私は大好きです。
行きたい場所やシーンに合わせて服選び

 

妄着たいものや必要なものをワクワクした気持ちで詰め込む。
1日に1〜2回お着替えするとあとから写真で見返した時にぐっと楽しめます。
とはいえ、重量には限りがあるもの。
なるべく着回せて、コンパクトに、でもおしゃれ心は忘れずにをコンセプトに!
ここでは、スーツケースの中身は海・プール用、街歩き用、きれいめディナー用の基本3パターンで考えていきましょう。

4泊6日編

海・プール用
水着の上に着られるもの。「涼しげな素材」「着脱しやすい」「乾きやすい」をキーワードとして、カフタンやワンピースなど。UVケアも兼ねるならラッシュガード。ラッシュガードならフード付きや少しロング丈のものがタウン仕様としても着回せておすすめです。

 

街歩き用
ショッピングやグルメを楽しむための服装。トレンド感とハワイ気分を両立させたいところ。
オフショルダーとデニム、リゾートワンピースなど日本で着ないような服装をするものいいですよね。

ディナー用
ちょっと敷居が高いレストランにはきちんとしたワンピースやドレッシーな服装で行きたいですよね。

シンプルなブラックドレスは、定番だけどかっこよくておしゃれに見えますよね。


ブラックワンピースなら、日中はコンバースのハイカットと合わせて、夜はJimmy Choo(ジミーチュウ)のパンプスと合わせると一気に雰囲気変わると思います。

 


<まとめ>

ボトムスは、スカート合わせて行き帰りの飛行機は同じもので履き回すので3着。
トップスは汗をかいたり汚したりするので泊数分。
ワンピースは綺麗めとリゾート風の2着。

これで上下をバラして使えばトータル8コーデくらいはできると思います。

 

1週間以上の長期滞在の場合は?

7泊以上宿泊する時はほとんどの方がコンドミニアムを選ぶと思います。部屋もしくはランドリールームには洗濯機や乾燥機まであるので、4〜6泊の時とさほど変わらず10コーデで足ります。

まとめ

ハワイの楽しみは人それぞれ。

・ショッピングに目がない方

・海でマリンポーツ三昧の方

・B級グルメの食べ歩き

・トレッキングやジョギング

 

日本では照れてしまう親子リンクや夫婦でペアルックなど、色味を揃えるだけでも後から写真を見ても楽しい思い出としてさらに色濃く残ります。

もし服がなければハワイにはユニクロもZARAもH&Mもそれ以外にもプチプラのアパレルからエレガント系までたくさん揃ってるので現地調達も楽しいですよ。