ラニカイビーチより綺麗!?息を飲むハワイの”超絶景”ビーチ10選

hawaii_512

ハワイで一番楽しみなのはワイキキビーチでの景色!
あの景色を見れば”ハワイに来た〜”と思う方も多いのではないでしょうか?
しかし、ハワイのビーチはワイキキだけじゃないんです。
大人なあなたにおすすめなハワイの超絶景ビーチ10選を紹介します。

カイルアビーチ

カイルア・タウン
ハイセンスなセレクトショップやレストランが、軒を連ねるハワイ随一のおしゃれタウン。
そのそばには、ハワイに来たら一度は訪れてほしい、素晴らしいエメラルドグリーンの海があるんです!!
実はここ、アクティブなあなたにこそオススメ!
ハワイならではのマリンツアーがほぼ毎日行われているんですよ!
潜水艇で水面から30メートル潜り、海洋生物を間近で楽しめる「オアフ島アトランティスサブマリンアドベンチャー」や「イルカとシュノーケリングを楽しむリーワード コースト半日クルーズ」などは予約必須の大人気アクティビティ!!

 ■ 基本情報
・名称: カイルアビーチ
・住所: 526 Kawailoa Road, Kailua, Oahu, HI 96734
・アクセス:アラモアナセンターからThe Bus 56、57、57Aへ乗車。
カイルア・ロードでThe Bus 70に乗り換えてカイルア・ビーチへ

ラニカイビーチ

全米ナンバー1ビーチ!
と聞いたら、一度は訪れたくなりません?
観光客にはあまり馴染みがなく、ロコの隠れ家的ビーチ。
ターコイズブルーにきらめく海、白い宝石のような砂のコントラストはまさに絶景。
都会の喧騒を忘れ、ハワイのゆっくりとした時間独り占めしたいあなたにオススメ!!
もしもの時も安心して。
ライフガード常駐してるので、何かあったらすぐに助けに来てくれます。

 ■ 基本情報
・名称: ラニカイビーチ
・住所: Mokulua Dr, Kailua, HI 96734
・アクセス:アラモアナセンターからThe Bus56、57、57Aへ乗車。
カイルア・ロードでThe Bus 70に乗り換えて、モクルア・ドライブ(Mokulua Drive)で下車

デューク・カハナモク・ビーチ

伝説のサ―ファ―”デューク・カハナモク”育った事にちなんで命名された伝説のビーチ。
海なのに、最先端の水循環装置で水質をキープしているので、小さいお子様連れの方でも安心して楽しめますね!
おすすめは、日の出前後の7~8時頃。
ビーチを一人占めしているかの如く泳ぐのが、最高におすすめ。
朝日を全身に浴び、広いビーチを一人で泳ぐ。
想像しただけで、最高にパワーがもらえますね。
また、夕暮れ時は本当は教えたくない、最高の時間帯。
太陽がハワイの海に沈んでいき、街灯が最低限しかなく、どんどん闇が体を包み込んでいくあの感覚は体験した人にしかわからない至極の瞬間。

 ■ 基本情報
・名称: デューク・カハナモク・ビーチ
・住所: Duke Kahanamoku Beach Honolulu HI 96815
・アクセス:徒歩の場合、ワイキキビーチ沿いの遊歩道を利用するか、ヒルトン山側を通るカリアRd.からパオラPl.(プレイス)を海側へ。
車の場合は、ヒルトンとイリカイホテル間のカハナモクSt.を海側へ進むと、無料の駐車場がある

ワイマナロ・ベイ・ビーチパーク

今まで全米ナンバー1ビーチといえば、”ラニカイビーチ”
隠れ家的とは言いつつも、徐々に定番化しているのも事実。
しかしハワイリピーターが今、注目しているのが
2015年全米ナンバー1ビーチ ”ワイマナロ・ベイ・ビーチパーク”
何と言っても、どこまでも続く真っ白な砂浜と透き通った青い海のコントラストは素晴らしい!
キャンプエリアも併設しているため、休日はBBQを楽しむロコが訪れます。
しかし本当のおすすめは平日。
予想以上のひっそりとした雰囲気にきっと驚くことでしょう。
ロコの間でもまだまだ知ってる人が少ないこのビーチならではの、特典ですね!

 ■ 基本情報
・名称: ワイマナロ・ベイ・ビーチパーク
・住所: 41 Kalanianaole Hwy, Waimanalo, HI 96795
・アクセス: アラモアナセンターからThe Bus 57番でワイマナロ・ベイ・レクリエーションエリア入り口前バス停まで約90分

カイマナビーチ

地元客にも観光客にも大人気!
別名サン・スーシー・ビーチ!!
ヤシの木や真っ白な砂浜、美しい海とハワイ感が満載!
インスタ映えを狙うならマスト⁉︎
おすすめの時間はなんといっても夕方。
なにも遮るものがない、夕日が落ちる瞬間。
絶対にまた来たくなること間違いなし。

 ■ 基本情報
・名称: カイマナビーチ
・住所: Kalakaua Avenue, Honolulu, Oahu, HI 96815
・アクセス:ワイキキのクヒオ通りからThe Bus 2へ乗車。ワイキキ水族館で下車

グレイズ・ビーチ

ワイキキビーチの西側にある小さなビーチ!!
ハレクラニなどのエリアにあることから、ワイキキの中でも静かで、プライベートビーチ感が満載。
実はここのビーチ、パワースポットとしても有名です。
海底から「カヴェヘヴェへ」という癒しの水が湧き出ているとされるスポットで、ハワイの超自然的な力、”マナ”が宿る神聖な場所。
ハワイ王国時代の王も、病気や傷を癒すために、ここに来ていたと伝えられています。

 ■ 基本情報
・名称: グレイス・ビーチ
・住所: Kalia Rd Grays Beach, HI
・アクセス:ロイヤル・ハワイアン・センター(Royal Hawaiian Center)から徒歩5分

アラモアナ・ビーチパーク

ワイキキ・ビーチから目と鼻の先、でもその雰囲気はガラッとローカル。
日本人はそんなにいないから、自分だけのハワイ時間を楽しむことができる。
まさに、”近場の穴場”。
ホノルル市内のロコにとって、ビーチといえばここアラモアナ・ビーチパークなんだって。
さらに、岩礁で囲まれているので波も穏やか。
子供と一緒でも安心してできるキッズ・フレンドリーなところもポイント高め!

 ■ 基本情報
・名称:アラモアナ・ビーチパーク
・住所:1201 Ala Moana Blvd. Honolulu, HI
・アクセス:ワイキキのクヒオ通りからThe Bus 8,19,20,42番に乗車し、10~20分で到着。

ハナウマベイ

今まで散々全米ナンバー1ビーチを紹介してきましたね。
ここ何と、”2016年全米ナンバー1” 正真正銘、ホットなビーチ。
自然保護区として管理されているので、入場にはいくつか規制や注意事項を理解する必要がありますが、これも水の透明度や景観の美しさを守るため。
波もすごく穏やかで、カラフルな魚たちが波打ち際まで大接近!
島随一のシュノーケリングスポットに大興奮間違いなし!!

 ■ 基本情報
・名称: ハナウマベイ
・住所: 100 Hanauma Bay Drive, ueber Kalanianaole Highway, Honolulu, Oahu, HI 96825
・アクセス:ワイキキから乗り換えなしでThe Bus 22番でハナウマ湾まで

ハレイワ・アリイビーチ

ウミガメに会えるビーチはラニアケアビーチが有名ですよね。
しかし最近、観光客も増えゆっくり楽しむ絶景ビーチではなくなってしまいました。
しかし、実はまだ、みんなが知らない”ウミガメ遭遇率がなんと100%”のビーチがあるんです。
それがこの”ハレイワ・アリイビーチ”
地元の人しか訪れない、知る人ぞ知る静かなビーチは、ウミガメ関係なくハワイ時間をゆったり過ごすのもおすすめです。
ちなみに、ウミガメが見れるのは、午後1時以降の時間帯が多いということ。
ビーチを訪れる時間も計算して出かけましょう!

 ■ 基本情報
・名称: ハレイワ・アリイビーチ
・住所: 66-167 Haleiwa Rd Haleiwa, HI 96712
・アクセス:ワイキキのクヒオ通りからThe Bus 8番・19番・20番・23番・42番に乗りアラモアナSCまで行く。
乗り換えでThe Bus 52番に乗車。「76ガソリンスタンド」前で下車をしてすぐ。

サンセットビーチ

夏と冬で全く違う景色を見せてくれる”サンセットビーチ”
サーファーの方は一度は名前を聞いたことがあるのでは?
それもそのはず、冬は高さ3mから8mの超ビッグウェーブが押し寄せるハワイ随一のベストスポット。
サーフィンの世界大会が開催されるほどの破天荒なビーチとして有名です。
(腕に自信のあるサーファー以外は避けたほうが無難…)
でも夏なら大丈夫。
冬と同じビーチとは思えないほど穏やかなビーチ。
透き通った海の中、シュノーケリングを楽しむことが出来ますよ。

 ■ 基本情報
・名称: サンセットビーチ
・住所: 59-144 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712
・アクセス:ワイキキのクヒオ通りからThe Bus 8番・19番・20番・23番・42番に乗りアラモアナSCまで行く。ノースショア、ハレイワ方面へ向かうThe Bus52,55番で約2時間。サンセットビーチで下車。

まとめ

いかがでしたか?
ハワイにはこれら以外にもまだ知られていない絶景を楽しむ事ができるビーチがたくさんあります。
これらを参考に、お気に入りの絶景ビーチを探してみてくださいね。


Leave a Comment