意外と知らないかも⁉︎ ノースショアのビーチまとめ①

15802258_746771532153175_6805711194767228928_n

ワイキキの反対、北の海岸、ノースショア。
オールドハワイが今も残る場所。
ここはハワイのみならず世界的に知られるサーフスポット。
冬場には巨大な波がやってくるため、世界中のサーファー聖地としても有名なノースショア。
11月~3月くらいまでは波が高いのでビーチでのんびりと過ごすかサーファー達のライディングを観賞して過ごすのがいいかも。
目の前で見るとあまりの迫力に圧倒されますよ!
4月~10月のサマーシーズンは波も穏やかになるので海水浴もOK!
シュノーケリング、ボディーボードやサーフィンなどに挑戦してみては?

ワイメアベイ・ビーチパーク

ワイメアベイ・ビーチパークはワイメア渓谷を背中に広がる懐かしい風景のビーチ。
透明度はかなり高く、ノースショア特有ですが夏場なら海水浴におススメ。

岩から海へ飛び込むのがロコの楽しみ方。
真似するのは危険なので、見て楽しむのが無難かも・・・

ワイメアベイ・ビーチパークのいいところは、ライフガードもいるしトイレもあるので安心してのんびり過ごせるところです。
でも駐車場が狭いので早めに行かないと満車になる可能性が大。
その際は、向かい側のワイメアバレーの有料駐車場へGO!

ププケア・ビーチパーク

ププケア・ビーチパークはノースのちょうど真ん中あたりにあるビーチパーク。
浅瀬の海なのでシュノーケリングスポットとしても人気で地元のファミリーや外国人観光客で賑っています。
日本人は比較的少なめかも。

ウミガメ、沢山の熱帯魚が沢山。
これは潜るしかないですね。

シュノーケリングが出来ない冬場でも砂浜でまったりとするには快適なビーチですよ。

“FOOD LAND”というスーパーも目の前にありなかなか便利ですよ。

タイドプール&シャークスコーブ

タイドプール&シャークスコーブはププケアビーチパークの並びにあるハワイ・オアフ島を代表するシュノーケリングやダイビングスポット。
それもそのはず、海洋生物保護区に指定されているほどの場所なのです。

タイドプール

タイドプールとは“潮だまり”と言う意味。
まさに天然のプール。

浅い岩場が広がっているので岩の間にいるカニや小さな魚を見る事が出来ますよ。

午後になると水位が増してくるのでシュノーケリングは午前中がおススメ。
タイドプールで遊ぶなら、岩が滑りやすいのでリーフシューズを持って行ってくださいね。

シャ-クスコーブ

シャ-クスコーブは岩場から海に入るので波があるとちょっと大変。
でも波打ち際を離れると穏やかなのでシュノ-ケルも快適。

きっと魚の多さに圧倒されますよ。

夏場はダイバーで込み合う事もあるので早めの行動が◎

ノースショアのマストスポット

せっかくノースショアまで来たのならビーチだけじゃもったいない!
ビーチ以外にも寄って帰らないともったいないスポットありますよ。

ワイアルア・シュガーミル

ワイアルア・シュガーミルはサトウキビ工場の跡地。
お店や工房などが入っています。
ここでお土産を見つけるなんていうのもツウっぽくてGood!

住所:67-106 Kealohanui Street, Waialua, HI 96791

ノースショア・ソープファクトリー

ノースショア・ソープファクトリーは小さな石鹸工場です。
円すいの可愛らしい建物が目印。
女子旅ではマストスポット!?
ここでは全て自然の素材を使った石鹸やスキンケア商品が製造と販売をしています。
モヤさまでもおなじみですよね!

ガラス越しに石鹸作りの見学も出来ちゃう。

プルメリア、マンゴー、パイナップルなどハワイらしい香りばかり。
石鹸は1個6ドルくらい、小さめのなら2ドルとお安めなのでお土産にも最適ですよ!
女子友へのお土産に喜ばれそう!

その他、ボディーバターやキャンドルなどなど。見てるだけでもワクワク!!

まとめ

ノースショアって、ちょっと遠いかなーって躊躇するかもしれないけど思い切って足を延ばしてみて下さい。
古き良きハワイの街並みやワイキキでは感じられない感動に出会えるかもしれませんよ。
いろんなハワイを体験して下さい。