テラスハウスでの生活を曲に綴るイーデン・カイ『モノガタリ(Monogatari)』

20225287_118045065490599_2964412365006700544_n

テラスハウスに出演し一躍有名になり、ギター・ウクレレ奏者、シンガーソングライター、作曲家、俳優でもあるイーデン・カイこと鮎澤悠介(あいざわゆうすけ)さん。
出演中に発表した楽曲が『モノガタリ(Monogatari)』
この楽曲は本編内でも卒業ソングとして扱われており、テラスハウスアロハステートの10話でみんなに卒業を宣言するときに披露されました。
彼のテラスハウスでのメンバーとの関係や恋愛などの経験を通じてインスピレーションを受けた、素直な思いが歌詞に込められています。

鮎澤悠介さんは、東京都出身ホノルル在住18才のシンガーソングライター。
13歳の頃に独学でアコースティックギターを習得。
その後、14歳の時にハワイの高校に通ったことをきっかにウクレレを勉強し、才能が開花。
16歳でプロミュージシャンの登竜門たる様々な賞を受賞しているイーデン・カイ。
東北大震災や熊本地震のチャリティー活動も積極的に行い、日本でもライブ活動を行っています。

今回はそんな彼の、話題の曲『モノガタリ(Monogatari)』についてご紹介したいとおもいます!

・MVと歌詞にこめられた思い

『モノガタリ』のMVは、テラスハウスでの生活や思い出の場所、どこか懐かしさを感じるような仕上がりとなっています。

 

また、音楽とハワイの景色とともに曲の歌詞も綴られていて彼の想いがメロディーとともに、形になって目に飛び込んでくる、つい見入ってしまいます。

この曲には2つの思いがこめられています。
一つは、テラスハウスに入りたての時の自分との葛藤です。

全然信じられなくて 毎回強がって
人に合わせ続けた
それから見直して 何度も繰り返して
本当の自分になれたよ

(Eden Kai『モノガタリ(Monogatari)』より引用)

人と接する時に、相手に気を使ったり周りの目を気にして、本当の自分を出せなかったり、、、
だけど、そんな葛藤の先には自分が自分でいられる居場所がみつかった。というテラスハウスでの出来事を思い返えすような歌詞ですよね。彼の曲を聞きながら、つい自分とも重ね合わせて私も背中を押されているような気持ちになりました。

そして、この曲に込められたもう一つの思いは、ローレンへの恋心です。

見上げたらそこには ステキなアートがありました
瞳が綺麗で 笑顔が好きで その想像力に見とれました

彼女に対する彼の気持ちがまっすぐに綴られていて、とても綺麗ですよね。
美しくてチャーミングなローレンと、その彼女に惹かれていく彼の気持ちがそのまま伝わってくる歌詞は切ない気持ちになりますね。
失恋した相手のこともこんなに美しく歌える彼は、本当にかっこいいですね。

・Eden Kai『モノガタリ(Monogatari)』はどこで買える?

レコチョクやiTunesはもちろん、Apple Music、LINE MUSIC、AWAなどのストリーミングサイトでも聴くことができます!
また『モノガタリ(Monogatari)』は、今年6月に発売された『ミュージック・フォー・ユー』というCDアルバムにアルバムバージョンが収録されているとのこと!ファンにはたまりませんね!こちらのアルバムもチェックです!

爽やかで、心地のいいテンポとリラックスができる彼らしい曲調は休日やドライブにおすすめ!

・今後の活動にも期待!

今回の『モノガタリ(Monogatari)』をきっかけに、Eden Kaiのボーカル入りの曲なども発売されることが期待できるかもしれません!
彼の今後のシンガーソングライターとしての活動が楽しみですね!

18952674_665009343708054_1589745127386694068_n

FB:https://www.facebook.com/EdenKaiOfficial/
インスタグラム:https://www.instagram.com/edenkai_official/
Twitter:https://twitter.com/edenkaiofficial

 

こちらの記事も合わせてご覧ください。

イーデン・カイ!丸裸スペシャルインタビュー ~前半~
http://alohapost.info/archives/edenkaiinterview/

イーデン・カイ!丸裸スペシャルインタビュー ~後編~
http://alohapost.info/archives/edenkaiinterview2/