ダウンタウンを征するものがハワイを征する! 2回目ハワイはダウンタウンに行ってみよう。

iolani_palace_1328

ダウンタウン
ワイキキの西側、オフィス街というイメージが強く、行ったことがない方も多いのでは?
そんなの勿体無い!
ちゃんとおすすめスポットがあるので、ぜひ一度は行ってもらいたいスポットです!
ただ、治安的に良いとは言えないので夕刻以降は十分気をつけ!
さぁ、ダウンタウンのイチオシスポットをご紹介します☆

イオラニパレス

かつてハワイを治めていたハワイ王朝の7代目国王・カラカウア王によって建てられた宮殿です。
アメリカ合衆国内に現存する唯一の宮殿だった建造物。
ハワイ州の州都ホノルルのキングストリートに佇む姿は、まさに立派の一言。
カメラはマスト、その雄大さでいいねが稼げるかも⁉︎

カメハメハ大王像

ハワイの象徴とも言えるカメハメハ1世。
ハワイ諸島を初めて統一し、1810年にハワイ王国を建国。
初代国王となったもうハワイでは知らない人はいない、まさにロコのルーツ。
あなたも一度は耳にしたことがあるのでは⁉︎
ちなみに。、ハワイ語で「カ・メハメハ」は「孤独な人」、「静かな人」という意味なんだとか。

アロハタワー

アロハタワー(Aloha Tower)は高さ184フィート(約55m)
スペイン風の外観で、1926年に製造されてから、地元ホノルル港の安全を毎日見守っているまさにホノルル湾のシンボル的存在。
アロハタワー、特にオススメのポイントが、展望デッキがなんと無料で解放されているんです!
エレベーターで上まで一瞬。
ホノルル港やホノルルのダウンタウンを見渡すことができるので、隠れた観光スポットとしてロコには大人気!

ホノルル美術館

ホノルルからバスで20分ほどのところにある「ホノルル美術館」。
こちらは美術作品はもちろんのこと、なかなか予約が取れないおしゃれで美味しいミュージアムカフェなどもあり、ハワイのオシャレ通の中でも人気のスポットなんです。
館内も本当に素敵でどこを歩いていても絵になるのが素晴らしい!!

チャイナタウン

19世紀に中国移民の人々が築いたエネルギッシュでとっても刺激的な街。
魚や肉、野菜、果物を扱う市場、飲食店、雑貨店、理髪店などがとにかくギッシリと並び、早朝から観光客やロコで賑わっています。
ちょっと珍しいお土産が欲しい!
そんな時にチャイナタウンはおすすめです。

ダウンタウンへのアクセス

ダウンタウンは一方通行が多いのでバスかタクシーでの移動がおすすめ。

ザ・バス
クヒオ通り山側バス停から2・13番で、サウスベレタニア通りの州政府庁前下車が便利。
復路は、カメハメハ大王像があるサウスキング通りのバス停から。
所要時間約20~30分、料金2.50ドル。

ワイキキトロリー
レッドライン利用。
ワイキキの各停留所から乗車して州政府庁前停留所下車。
所要時間約20~30分。
乗車には乗り放題パスが必要。

タクシー
各ホテルからダウンタウンまで約15分。
料金目安は約15ドル。

まとめ

いかがでしたか?
まだダウンタウンには行った事がない⁉︎
そんな人はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?
新しいハワイを見つけられるかもしれませんよ。