インスタ女子には外せない ! カラフルスイーツを食べに行こう

hawaii_5902

ハワイでの楽しみといえば、スイーツ!
食べたいものがあり過ぎて、迷っちゃいますよね。
また最近ではInstagramなどのSNSで情報収集するのが当たり前!
やっぱり、自分で実際に食べに行ってシェアしたいですよね。
ハワイには、インスタ映え間違いなしのフォトジェニックなスイーツがたくさんあるんです。

シェイブアイス・カパフルのシェイブアイス

カパフル地区にある水色の壁が印象的なワイオラシェイブアイス。
他にも1940年創業のモイリイリの本店とワード・ウェアハウスの3号店があります。
オバマ大統領も子供のころに通ったそうですよ。
ワイオラシェイブアイスの特徴は、フワフワのきめ細かい雪のようなアイスに、甘さ控えめの手作りシロップがかかっています。
アイスのサイズを決めて、40種類以上もある自家製シロップやトッピングを追加してオーダーするので、組合せは自由自在。
ワイオラの名物になっているのが、アズキボウル+モチの組合せ($4.50)。
もちろんハワイならではのレインボーアイスもありますよ。
ロコだけでなく、私たちにもどこか懐かしい味です。

ワイオラシェイブアイス カパフル店
3113 Mokihana St., Honolulu, HI 96816
Tel: 808-735-8886
Open: 11:00-17:30 ( 月~木 )
11:00-20:00 ( 金 )
10:00-20:00 ( 土 )
10:00-18:00 ( 日 )

The Busで行くなら
クヒオ・アベニュー Kuhio Ave 海側バス停から13番バスに乗車。
”Kapahulu/Campbell”で降りたら山側へ向かって徒歩約15分の右手にあるモキハナ・ストリート Mokihana St を右折してすぐの右手。

アロハポップスのアイスキャンディ

カラフルな手作りアイスキャンディが並ぶ「アロハポップス」はカフェオーナーだったキャシーさんが始めたキャンディスタンド。
リリコイ、マンゴー、グアバ、ココナッツ、リヒンムイ・パイナップルなど、ハワイ系のフレーバーもいっぱい。
値段は$3くらいです。
ダウンタウンやイベントでもカート販売しているので、見かけたら超ラッキー。
ぜひ買ってみて!

Aloha Pops(アロハ・ポップス)
1160 Smith St. Honolulu
Tel: 808-223-4866
Open: 11:00~15:00
定休日 日曜

カムボウルレストランのレインボーケーキ

2016年2月にオープンしたばかりのダイナー、「カム・ボウル・レストラン」。
オックステールスープの名店が復活したお店です。
今、ここの虹色のスポンジのケーキ、レインボーケーキ($4.5)が話題になっています。
スポンジはしっとりフワフワでライム、グアバ、パイナップルなど地元のフルーツで味付けしてあるので安心。
思わず写真を撮って、シェアしたくなりますよね。

Kam Bowl Restaurant(カム・ボウル・レストラン)
Kamehameha Shopping Center 1620 N School St. Honolulu
Tel: 808-841-0931
Open: 6:30~22:00
無休

The Busで行くなら
クヒオ通りの山側バス停から2番バスに乗り、カメハメハショッピングセンターで下車。
ワイキキから40分ほどです。

ニッショードーキャンティストアのチチダンゴ

ハワイで和菓子はいかがでしょう。
カリヒの倉庫街にあるニッショードー・キャンディ・ストア(NISSHODO)は、まもなく創業100年の老舗。
まさしくロコに人気絶大のお店なんです。
人気商品は「チチダンゴ」。
最近では日本の芸能人がおススメするお店としてメディアでもよく取り上げられています。
緑や黄色など和菓子のイメージとは違う色合いで、餡のかわりにピーナッツバターが入っていたり、美味しいんです。

Nisshodo Candy Store(ニッショードー・キャンディ・ストア)
1095 Dillingham Blvd. Bldg I-5 Honolulu
Tel: 808-847-1244
Open: 7:00~16:00(月~金)、 7:00~15:00(土)
定休日 日曜

サムライのハワイアンフロスト

カリヒにある「サムライ」というお店のハワイアンフロストは、ソフトクリームのような形をした超濃厚なシャーベット(スモール$2.95・ラージ$3.70)
フレーバーは、バニラ、ストロベリー、ハニーデュー・メロン、チョコレート・ハウピア、バナナ、ライチ、パイナップルなど、とにかくカラフルなシャーベットでトッピングも乗せられます。
ドンキなどでもカップ入りは売られていますが、ぜひお店に行って、この強烈なビジュアルを楽しんで!

サムライ (Samurai Inc)
738 Umi St., Honolulu, HI 96819
Tel: (808)833-4779

The Busで行くなら
ワイキキのクヒオ通り山側から42番バスに乗車してチャイナタウンを越え右手に「アアラパーク」がありその先の「ケンタッキー」と「ジャックインザボックス」がある交差点を左折します。
右手の「ホノルルコミュニティ大学」の敷地の半分あたりで降車合図をして、川の手前で降車します。
降車後は反対側に渡り赤白の鉄塔の方に進むとお店があります。

フェンドゥ・ブーランジュエリーのケーキ

マノア渓谷近くのマノア・ショッピングセンターにある”フェンドゥー・ブーランジェリー(Fendu Boulangerie)”はフレンチベーカリー。
オーナーはフォーシーズンズのペストリーシェフという経歴の持ち主。
ハイクオリティな味が期待できます。
フランスパンやデニッシュはもちろんですが、オシャレなケーキがおすすめです。
甘さ控えめで上品な味わいは、まさに大人のケーキ。
グアバやリリコイなどハワイならではの味が評判です。

Fendu Boulangerie(ファンデュ・ブーランジェリー)
Manoa Marketplace, 2752 Woodlawn Dr, Ste 5-119
Tel: 808-988-4310
Open: 7:30~19:00, 日曜は15:00まで
定休日: 月曜

The Busで行くなら
クヒオ通り山側のバス停から2番バスに乗車。
サウスキング通りの6番バスに乗り換え、ハワイ大学を超えたら左手に水色の建物(KUMON)が見えたら降車。
緑のスタバを目印に歩けば、マノア・マーケットプレイスに着きます。

カントリーシェイブアイスのシェイブアイス

カイムキにあるまだ観光客にはあまり知られていない「カントリー・シェイブアイス」。
オーガニックにこだわり、季節の旬なフルーツでシロップを作っています。
細かく削られた氷は、消えるような口どけ。
フレーバーは、季節ごとに異なるので行ってからのお楽しみ!

Country Shave Ice(カントリー・シェイブアイス)
1215 Center St. #100 Honolulu
Tel: 808-652-0507
Open: 11:00~18:00
定休日: 月・火曜

カメハメハベーカリーのマラサダ

ハワイの定番おやつといえばマラサダ。
2015年に日本にも上陸した「カメハメハ・ベーカリー」の紫色のマラサダ「ポイ・グレーズド」($0.95)は有名ですね。
1969年創業という老舗のベーカリーは、早朝からこのマラサダを目当てにロコが行列します。
マラサダの鮮やかな色は、素材そのものの色。
ぜひお店で出来立てを食べて下さい。
ほっぺが落ちちゃう美味しさです。

Kamehameha Bakery(カメハメハベーカリー)
1284 Kalani St Honolulu, HI 96817
Tel: 808-845-5831
Open: 2:00~16:00 土曜、日曜は、3:00~14:00
無休

The Busで行くなら
クヒオ通りから42番バスに乗り、ダウンタウンを抜け、ディリンハム・コホウ通りで下車。
「シティ・スクエア・ショッピングセンター内にあります。

ウィング・シェイブアイス・アンド・アイスクリームのアイスクリーム

チャイナタウンにある天才的なアイスクリーム屋さんが「Wing Enterprises Incorporated」。
その組合せが特徴で、これまで見たことのないような日替わりメニューがいっぱい。
例えばココナッツアボカド、ストロベリーシャンパン、コナコーヒーなど本当に行くたびにメニューが変わるので、優柔不断さんは一苦労。
オーナーのミラーさんが全て手作りしているアイスクリーム(3.50~)やシェイブアイス($2.00~)。
個性的な味わいは、病みつきになりますよ。

Wing Shave Ice & Ice Cream(ウィング・シェイブアイス・アンド・アイスクリーム)
1145 Maunakea St. Honolulu
Tel: 808-536-4929
Open: 12:00~22:00(月~木)、12:00~23:00(金、土)、 12:00~18:00(日)
定休日: 月曜

The Busで行くなら
ワイキキのクヒオ通り山側から2,13,19,20番バス等に乗車してチャイナタウンへ向かいます。

まとめ

続々と登場するハワイの新スイーツ。
日本に上陸した店もありますが、ハワイで味わうのもまた格別!
色とりどりのビジュアルだけでなく、素材や味にこだわったカラフルスイーツを召し上がれ。