豪快に手で食べる! ケイジャンシーフードが楽しめる”クラッキンキッチン”がロコに大人気!

13767706_1616408852023310_1116275452_n

最近、ハワイで流行している”ケイジャンフード”
中でも手づかみでシーフードを楽しむとあるレストランが人気を呼んでいます。
“ケイジャンフード”ご存知ない方も多いのでは⁉︎
今までになかったスタイルで新鮮なシーフードが楽しめるとロコにも話題沸騰中!

ケイジャンフードって?

そもそもケイジャンフードは、アメリカ・ルイジアナ州の伝統料理。
ジャンバラヤやガンボなどが有名ですよね。
玉ねぎ・セロリ・ピーマンを料理のベースとすることが多く、チリペッパーなどの香辛料を効かせてあります。
食欲をそそる香りがたまりません‼︎

“クラッキンキッチン”(Crackin Kitchen)がハワイに上陸!

そんなケイジャン料理とハワイの新鮮な素材を融合させたレストラン。
クラッキンキッチンが2015年、ワイキキに登場!
しかも2年連続ミシュランで星を獲得したシェフがプロデュースしていると聞けば、期待もふくらみますね!

クラッキンキッチンはハワイの新鮮な魚介類と伝統的なケイジャン料理が上手くミックス。
それを豪快に手づかみで食べるのだから、美味しくないはずがありません。
ロコにはすでに絶大な人気を博していますが、観光客の間でも、モヤさまでも紹介されて以降、話題が絶えません。

店内の雰囲気

赤と黒を基調にしたインテリアは、とってもオシャレ!

店内はカウンターバーの他、ソファ席やテーブル席など100席以上の広さ。
中でもテラス席はワイキキの街を見渡しながらシーフードをいただけます。

やっぱり大人気”ハワイアンケイジャン”を食べてみよう!

メインはやはり Made in Hawaiiをコンセプトにしたハワイアンケイジャンのシーフード!
ハワイ産のコナロブスターやカウアイシュリンプなどの魚介類を、ハワイのチリペッパーを使ったレッド、プラックペッパー&ハワイ産カカオをブレンドしたブラック、マウイオニオンベースのホワイトの3種のソースで味わえます。
エプロンと手袋の装備で、テーブルの上にぶちまけられたスパイシーなシーフードを豪快に手づかみで食べ始めると、もう止まらない!!

締めのデザートもすごかった!

〆のデザートがまたエンターテイメント。
フルーツソースやトッピング、フルーツやマラサダなどがプレートにのって運ばれてきます。
これをお客さんの前で、スタッフがアートのようにテーブルで仕上げてくれるんです。
そのパフォーマンスが見たくてリピーターも続出。
もちろん、味も最高です!

アクセス

Crackin Kitchen

364Seaside Ave., Honolulu
808-922-5552
12:00-23:00

まとめ

メディアでも多数取り上げられているので、予約は必須。
あなたもぜひ美味しいハワイのシーフードを手づかみで堪能してはいかがでしょうか。